• 怒りの感情はあなたに大切なメッセージを送っています。
  • 一般社団法人アンガーマネジメントジャパン
  • アンガーマネジメント中学生用テキスト「怒りやわらかステップ」
  • 怒りで、後悔しない、自分を傷つけない。人が変われば社会も変わる。
  • 自分が変わること、それは社会が変わる一歩です。

WHATS NEW

  • 新着
  • お知らせ
  • 研修・講座
  • 教材・出版・グッズ
  • メディア
  • プレスリリース
  • 19/2/7 研修・講座new

    静岡県精神保健福祉士協会東部ブロック研修会開催

    1月29日にAMJ実践リーダー渡辺大が研修会を実施しました。以下が研修の記事です。 静岡県精神保健福祉士協会の東部ブロックで任意に開催している勉強会にて、アンガーマネジメント研修を開催しました。アンガーマネジメントについて初めて学ぶ方も多く、受講者は真剣に学び、ワークを通して怒りという感情への理解を深めていただきました。医療機関や福祉施設等で働く専門職として、自己理解・他者理解において怒りの感情の裏側にある感情を意識する大切さを共有し、翌日から現場での支援に活かしていきたいとの声も聞かれました。

  • 19/2/3 研修・講座new

    東京都渋谷区立神南小学校主催 保護者対象アンガーマネジメント研修

    1月30日、渋谷区立神南小学校にて60名の保護者を対象に研修会が行われました。PTAの保護者の方々が、事前に「子育てにおけるイライラ」についてアンケートを取ってくださいました。皆さんが、子育てでイライラしてしまう内容がよくわかり、それにそれに沿ってお話を進めることが出来ました。 渋谷区はアンガーマネジメントが初めて授業として導入された場所です。中学校に授業として導入されてから何年もの月日が経ち、今回、小学校の保護者の方々にアンガーマネジメントを伝えることができ、感慨深いものがありました。渋谷区の小学校にもAMJが作成したテキストを使って、アンガーマネジメントを学ぶ子ども達が増えることを願っています。

  • 19/2/3 研修・講座new

    株式会社ダイワ・エム・ティ様にてアンガーマネジメント研修開催

    1月28日に富士市内にある株式会社ダイワ・エム・ティにてアンガ―マネジメントの企業向け研修を実践リーダー渡辺大が行いました。研修では怒りの感情や個人の特性についてワークを通して体験しながら学んでいただきました。企業においてはパワーハラスメントへの関心が高く、質疑でも社員の方からパワーハラスメントに対する質問があがりました。自身の偏った思考への気づきや相手の立場に立ったコミュニケーションを意識することなど、すぐに取り組めることも多いため、アンガ―マネジメントでの学びをできる範囲から実践して頂ければと思います。

  • 19/1/31 プレスリリースnew

    苦悩のカラクリを読み解き豊かに生きる! 認知行動療法を用いた竹田伸也先生ワークショップ開催

    子どもから大人まで実践できるアンガーマネジメント*1を伝えることを基本方針に、主に教育現場にてアンガーマネジメント普及活動に努めている一般社団法人アンガーマネジメントジャパン(所在:東京都稲城市、代表理事:佐藤恵子)(以下略:AMJ)は、鳥取大学大学院 臨床心理学専攻 准教授 竹田伸也先生を迎え、平成31年2月23日13時より『認知行動療法*2を用いて豊かに生きるためのワークショップ』を開催いたします。 現在、物理的には豊かな社会となった反面、ストレス社会であるとも言われています。 また人々は人生や生活の中で多かれ少なかれ様々な苦悩を抱えています。そして、苦悩により怒りの感情も生まれます。 私たちの心には、なぜ苦悩が生まれるのでしょう。実はそのワケは、ある2つの理由があります。 今ワークショップでは、その理由を認知行動療法という技法を用いてわかりやすく読み解き、生きづらさを和らげ、自分の人生を取り戻すにはどうすればよいか、今日からできることを実際のワークを通して体験的に理解を深めていきます。 今ワークショップを通して、職場で、家庭で、自分自身の豊かな人生を送るきっかけにしてほしいと考えています。 *1アンガーマネジメント:まず自分の気持ちに気づき整理することで(自己理解)、他者の気持ちも理解できるようになり(他者理解)、お互いを理解し(相互理解)、その場にふさわしい方法で自分の気持ちを表現する対人関係に必要な技法。 *2認知行動療法:物事の捉え方や考え方(認知)、感情、身体反応、行動の相互作用に注目し、より幅の広い考え方をすることで、感情や行動の変化を目指す心理療法。 『認知行動療法を用いて豊かに生きるためのワークショップ』開催概要 ◇日時  平成31年2月23日(土)13:00~17:00(開場12:40) ◇場所  ビジョンセンター日本橋(東京都中央区日本橋室町1-6-3 山本ビル本館5F) ◇講師  鳥取大学大学院 医学系研究科 臨床心理学専攻 准教授 竹田伸也先生 ◇参加費 一般:事前振込6,000円、当日支払7,000円 会員:事前振込5,000円、当日支払6,000円 ◇申込方法 HPにて申込(URL:https://amjapan.or.jp/training/training_shosai.php) メールまたはFAXにて申込の場合は以下の必要事項をご記入ください (メール:info@amjapan.or.jp、FAX:042-331-0882) ①竹田伸也先生ワークショップ申込 ②氏名 ③年齢 ④勤務先 ⑤職業 ⑥住所 ⑦電話番号⑧メールアドレス ワークショップ内容 ①認知行動療法の特徴 ②苦悩のカラクリを読み解く ~苦悩から解放されるチャレンジ~ ③マインドフルネスで今を生きる ④大切にしたい思いを行動に託す ■竹田伸也(たけだしんや)先生 プロフィール 鳥取大学大学院 医学系研究科 臨床心理学専攻 准教授 医学博士。臨床心理士。 「生きづらさを抱えた人が、生まれてきてよかったと思える社会の実現」を大切にしたい価値の一つに据え臨床・研究活動に従事。コミュニケーションや認知行動療法、ストレスマジメントなどのスキルを高める研修会や講演活動を全国各地で実施。 主な著書:『マイナス思考と上手につきあう認知療法トレーニング・ブック』他多数。

  • 19/1/27 研修・講座new

    リワークプログラム:実践リーダー渡辺大によるアンガーマネジメント研修100回を迎えて

    AMJ実践リーダー(大富士病院 心理・医療相談部統括主任)渡辺大による、リワークプログラムのアンガーマネジメント研修が100回を迎えました。詳しくは、渡辺大さんによるレポートをご覧ください。 『リワークプログラムでのアンガーマネジメント講義が100回を迎えて思う事』 大富士病院では創立以来、精神障害者の社会復帰に積極的に取り組んできました。時代の流れの中で精神障害に対する理解や社会復帰に関する法整備も成され、精神科医療の現場においても医療へ求められるニーズの変化を感じています。こうした背景の中で当院では、近年増加しているうつ病を患い休職をしている患者様を対象に、平成28年より復職に向けた支援を行うためのリワークプログラムとして大富士リワークキャンパス(以下、ORC)を導入開始しました。その中でアンガーマネジメントの講義は、毎週火曜日13:00~15:00に開催され、当初は3名でしたが現在受講者が8名いて、これまでに24名の方がアンガーマネジメントを学び復職されました。 私自身が怒りの感情に振り回され、そんな中で出会ったAMJでの学びは全てが新鮮でした。学びを深めていく中で次第に多くの人にアンガーマネジメントを伝えたいという思いが強くなり、平成28年7月に実践リーダーの資格を取得しました。ORCの導入と資格取得時期が重なったこともあり、私にとってアンガーマネジメントを実践し伝えられる機会を職場で確保できたことは、プレッシャーでもあり幸運な事だと思い講義を担当させて頂く事となりました。 当初は受講者の入れ替わりも考慮し、1ヶ月1クールでの講義内容を設定しました。しかし、私自身の伝える技術が未熟だったことに加え、受講者は怒りの感情を自覚していないことが多かったことから、早期に受講者の学びに沿った時間配分での講義形式へ変更しました。『怒り=外へ向けるもの』という先入観が強く、自分自身に向いている怒りの感情を認識するまでには、個人差はあるものの多くの時間と学びのプロセスを要しました。しかし、怒りが外に向いてしまいそのことを自覚している受講者がグループにいることで、様々なワークやロールプレイ・振り返りを通して、互いに怒りの感情への気付きを増やせて学びを深められる機会も多かった様に感じています。 これまでORCを修了した方にはアンガーマネジメントの最後の受講の際に学びの感想を発表してもらってきました。『もっと早く知りたかった。』『自分には関係ない感情だと思っていたが、自分にも怒りの感情が大きく影響していた。』『これまで知らずに実践してきた怒りへの対処を、改めて学べて良かった。』『復職したら学びを活かして上手に働いていきたい。』等、受講者からは高評価を頂いてきました。 講義を開催していく中で改めて、「怒りの感情の捉え方が千差万別である事」「怒りの対処の仕方・向き合い方も人それぞれ違う事」「それらを理解した上での講義が求められグループの力を上手く利用して学びを深めて頂く必要がある事」を実感・再認識させられました。勤務の都合で開催日時を変更することや、急患の対応にて講義を中止せざるを得ない事もありましたが、周囲の協力を得ながら平成31年1月8日に100回目の講義開催を迎えることができました。継続して実施してきたことで周囲への認知も広がり、院内外からも講義の依頼があり喜ばしい限りです。AMJでの学びを活かしアンガーマネジメントを一人でも多くの方へ伝えていく為にも、講義100回目を迎え改めて自己研鑚に励み、より高い専門性を持って実践していく事を自身への決意として掲げた次第です。 平成31年1月12日 AMJ実践リーダー 渡辺大

▶ 一覧を見る

研修・講座

  • 実践リーダー研修

    3月AMJ実践リーダー研修

    日時 2019年3月30日(土)〜2019年3月31日(日)
    場所 稲城市立iプラザ
  • 基礎研修

    4月アンガーマネジメント基礎研修(東京)

    日時 2019年4月13日(土)〜2019年4月14日(日)
    場所 東京都稲城市東長沼2106-5-301 AMJ研修室
  • 基礎研修

    5月アンガーマネジメント基礎研修(東京)

    日時 2019年5月11日(土)〜2019年5月12日(日)
    場所 東京都稲城市東長沼2106-5-301 AMJ研修室
  • 基礎研修

    6月アンガーマネジメント基礎研修(東京)

    日時 2019年6月1日(土)〜2019年6月2日(日)
    場所 東京都稲城市東長沼2106-5-301 AMJ研修室
  • 応用研修1

    6月アンガーマネジメント応用研修1(東京)

    日時 2019年6月15日(土)〜2019年6月16日(日)
    場所 東京都稲城市東長沼2106-5-301 AMJ研修室
▶ 一覧を見る

アンガーマネジメントについて

アンガーマネジメントは、「怒りの感情」に気づき、
その背景にある「考え方」を変えていくことで、自らの力で感情をコントロールし、
より良い人間関係を築くための方法です。

ストレスマネジメント

怒りの感情が起こったとき、
心と身体を落ち着かせる

認知変容

イライラしやすい考え方のくせを
探り、柔軟な考え方に変える

傾聴

相手を理解するために
相手の話に耳を傾ける

アサーティブ
コミュニケーション

自分も相手も大切にする自他尊重の
コミュニケーションを身に付ける

自分にあった研修をさがす

アンガーマネジメントを学ぶことで、自分の考え方・感情・行動なども深く知ることができます。
自分を知ることにより他者の理解も深まり、イライラが軽減します。
ワークを取り入れ、楽しみながら学べる内容です。目的にあった研修・講座にご参加ください。

基礎・応用1・応用2・実践リーダー研修に臨床心理士資格更新のポイントがつきます!

知りたい! アンガーマネジメント紹介講座

はじめての方へ

アンガーマネジメントについて、わかりやすく説明します。

▶ もっと見る

学びたい! 基礎研修・応用研修

基礎から学びたい方へ

アンガーマネジメントの基礎から応用まで、幅広く学べます。

▶ もっと見る

ご自身の領域・活動で使いたい! 実践リーダー研修

実践リーダーへ

実践リーダー研修を受講し、AMJ認定の実践リーダーとなります。

▶ もっと見る

学校の授業や個人カウンセリングに使える!

初めて学ぶアンガーマネジメント1年目のプログラム

怒りやわらかステップ 中学生

アンガーマネジメント
中学生用テキスト

「怒りやわらかステップ」

本テキストは、 国立大学・大学院の臨床心理学、教育学、ストレス心理学の研究者とともに作成した、学校の授業や個人カウンセリングにも使えるテキストです。スクールカウンセラー、教員、相談機関など、子ども達の援助職の皆様のご参加をお待ちしています。

▶ もっと見る

入会のご案内

アンガーマネジメントジャパンの会員になりませんか?
研修受講料の割引特典、研修会などの開催情報、活動報告、
最新の話題などをお届けします。

▶ 詳細ページへ

ページトップへ