理事及び顧問の紹介

代表理事 佐藤恵子
臨床心理士
ケイ・カウンセリングルーム代表。
東京国際大学大学院臨床心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程(前期)を修了後、臨床心理士の資格取得。アメリカにてアンガーマネジメントを学ぶ。
精神科クリニックを経て、現在、スクールカウンセラーとして東京都公立小学校、私立中学校・高等学校に勤務し、カウンセリングや予防教育・感情教育の一環として教員とともにアンガーマネジメントの授業や教員対象のアンガーマネジメント研修を行っている。また、小学生向け、中学生向けのアンガーマネジメントテキストを教育・臨床心理学分野の研究者と開発している。
私設のケイ・カウンセリングルームではアンガーマネジメントを取り入れた個人カウンセリングを行っている。対象は、中学校生徒から大人まで幅広い。現在は、パワーハラスメント行為者に対するアンガーマネジメントを導入したカウンセリングも行っている。
理事 石川ユウ
臨床心理士
早稲田大学第一文学部心理学専修を卒業後、警視庁に入庁。
少年第一課(現在の少年育成課)に配属となり、心理専門職員として長年にわたり、都内各地の少年センターで、非行、いじめ、不登校や被害相談など様々な問題をかかえている子どもや親へのカウンセリング、少年事件の分析、少年問題の調査研究などに従事した。
また平成18年からは足立区教育相談センターで教育相談に従事。現在は都内の中学校や高校でスクールカウンセラーをしている。
理事 山村容子
臨床心理士
福岡大学大学院にて臨床心理学を学び臨床心理士の資格取得。
福岡市内(福岡県)で私立中高一貫校や公立小学校および中学校のスクールカウンセラーとして多くの児童・生徒、保護者へのカウンセリング、コンサルテーションを行ってきた。
また医療系、福祉系の専門学校にて学生へ「心理学」や「臨床心理学」を教える傍ら、「自分を知るプログラム」を開発しアンガーマネジメントを実施している。
顧問 鈴木 富樹
前渋谷区立松濤中学校校長
顧問 鈴木 秀一
第一東京弁護士会所属 弁護士