江東区学校保健会主催 養護教諭対象 第1回学校保健講習会参加者の感想

江東区学校保健会主催 養護教諭対象 第1回学校保健講習会
平成27年 12月 3日

  • 貴重なご講演をありがとうございました。アンガーマネジメントは、まず自分自身がコントロールできるようにと日々感じていますが、感情を表現することは個人それぞれあり同じ理由でも感じ方が違うことを理解して相手との人間関係を良い方向にもっていくことができるといいことを子どもたちにもわかるような手立てで指導をしていかなければならないと感じました。
  • 公私共に、大変役に立つ内容だった。時間が足りなくて講演していただけなかったところを再度聞いてみたいです。ありがとうございました。
  • 大人も子どもも「キレる」があるので、様々なストレスマネジメントを知ることができて良かった。すぐに使える資料をいただいたので今後活用していきたい。
  • 質疑応答の先生の実践がとても興味深かったです。生の生徒とのやりとりが自分の課題を深く考えるのにもっとお聞きしたかったです。佐藤先生のお人柄がにじみ出るとてもよいお話でした。アンガーマネジメントも講演会3回目ですが、一番よくわかりました。ありがとうございました。
  • 今年度2回目のアンガーマネジメント研修でした。1度目は教職員向け(校内研でした)のものだったので今日の生徒の授業向けのものを紹介していただいて、新たな学びがありました。ワークシートも実際に書いてみてイメージがしやすかったです。小学生にも応用できる方法がありそうなのでもう一度頭の中で整理してみたいです。ありがとうございました。
  • 具体的でわかりやすかった。もう少し時間があったら良かったのかなと思いました。
  • ワークが多くて楽しかったです。イライラしやすい考え方の癖が当てはまっていてどきっとしました。
  • いじめた子に対してのアンガーマネジメントを使った事例を聞いてみたいと思いました。
  • 時間があっという間でもっと先生のお話をゆっくり伺いたかったです。自分自身のためにもなり、学校でも活用できる内容でとても楽しい時間でした。
  • わかりやすいお話でとても勉強になりました。本校の保護者、生徒、教職員にもぜひ聞いてほしいと思います。ありがとうございました。
  • 校内研修で来ていただきたいと思いました。翌日すぐにアンガーログシートを使える事があり、怒りの温度を下げることができました。使えます!
  • 「キレる」といえば、怒りを外に向けるタイプだけだと思っていましたが、内側に向けるタイプもあると初めて知りました。また、摂食障害なども含まれていると知ることができました。怒りの感情を出している生徒と話しをするとき、相手の話をよく聞き、アンガーログの内容を口頭で聞いてみようと思いました。とても参考になる研修会でした。ありがとうございました。

| 参加者の感想TOPへ | トップページへ |