アンガーマネジメント研修会参加者の感想

第2回 AMJ 応用研修2  平成28年 6月

  • 百聞は一見にしかず、とは言うけれど、実際参加することで腑に落ちることばかりでした。
    また、自分がまだよく理解できていない部分も明らかになり、それも良かったと思います。生事例でロールプレイというのは、本当にやれて良かったです。
  • 実践的で分かりやすい!
    基本的なことを繰り返し実践。
    何が大切なのか! どのようにやるのか! なぜ必要なのか!
    理解しやすい。
  • 相手の怒りや批判を、どのように対応すれば良いのか分からなかったが、ロールプレイすることで体得できたことは大きな学びでした。
    自分の感情をそのまま受け入れることや、自分のくせを知ることができ、怒りや批判に対応できるように努力していきたいと思います。
    ありがとうございました。感謝しています。
  • 自分を振り返り、自分のクセを改めて知ることができた。
    批判を受けるのは、やはり苦手。でも周囲の人も同じなんだ、と気持ちが軽くなりました。
    自分の気持ちを正直に言語化すること、本当に大切だと感じました。ありがとうございました。
  • アサーションのロールプレイを通して、自分の様々な感情への振り返りができました。
    AMJ全体の研修を通して、普段は持てない自己を見直す時間が作れた。怒り以外の感情も大切にし、表現し、これからの生活に取り入れていきたいです。AMJと出会えた事が、人生の転換につながる様な大きなきっかけになったと感じています。
    本当にありがとうございました。
  • 2日目のロールプレイで様々な気づきがあり、本当にありがたかったです。
    「アンガーマネジメント」というと「感情のコントロールを身に付ける」というイメージが強いのですが、ロールプレイを通して、自分の日々の在り方や対人関係のクセなど、様々な領域への気づきが広がり、アンガーマネジメントの奥深さを思い知った感じがしました。
  • 色々な発見があり、また、すぐに仕事に活かせるものが多かった。
    怒り、批判への対応が苦手で、それが自分の大きな課題だったが、それが自分だけではない、普通のこととわかり、とても楽になりました。また、すべてが苦手で対処できないという訳でもないことに気づき、自己理解が深まりました。
    ありがとうございました。
  • 基礎研修の復習を自由記入していくワークは、改めてアンガーマネジメントの基本を思いおこしてくれた。
    生事例のワークは興味深く、自分の課題に即したものでよかった。
    あらためて自己理解ができたこと。他の方々とワークすることでより幅広く、人や物事を見つめ直すことができたこと。「怒り」について一層関心をもてたこと。

| 参加者の感想TOPへ | トップページへ |