アンガーマネジメント研修会参加者の感想

第5回 AMJ 基礎研修 平成28年 1月

  • 学びたい内容を、きちんと、丁寧に学ぶことができた。ワークが沢山あって、身につくなと感じた。
  • アサーティブ・コミュニケーションの基本を教えて頂き、自分の正直な気持ちを相手に伝える時、たとえ相手を傷つけても、できないと自分が判断した時は正直に伝えることが誠実なのだと教えて頂き、新しい発見でした。
  • ワークがとても多く、人と意見交換がたくさんできたのが、勉強になった。  資料がわかりやすかった。ロールプレイがおもしろかった。
  • ロールプレイを通して実感がもててよかった。迀遠に話しがちや、言葉を変えてしまう癖に気付けてよかった。
  • 時間の使い方がゆったりしていて、十分に理解できた。
  • 具体的に、そしてグループワーク、ロールプレイを通して、実体験しながら学べたことがとても良かったです。
  • セッションやロールプレイ等の実践が多く、楽しかったから。
  • 実践的です。ビジネス的にも使えます。
  • 自分と向き合うということは、普段の生活ではあまりないことなので、今回、自分の考え方のクセや、怒りの温度計など、知らなった自分に気づくことができた。また、他の参加者の気持ちや考えを聞き、あ、こういう考えもあるんだ、その方法いいな、など自分とは違うものの見方や考えを知ることができました。 学んだことを全て実践できたら素敵ですが、それは難しいので、少し意識したり、実践したりと取り入れていきたいと思います。
  • 自分の考え方のクセがよく分かりました。基礎研修を受けて、すぐその通りになるのは難しいと思いますが、少しずつ、くり返し行っていきたいと思います。私はいつも結果にとらわれしまいますが、できる、できないはおいといて、努力していきたいと思います。心温まる研修でした。ありがとうございました。
  • 自分自身の怒りについて深く考えることがなかったので、どういう状況、人に怒りやすいのかなど、改めて考えて気づくことが多くあった。 アサーションのロールプレイでは、自分の対人関係でのコミュニケーションパターンに気づき、改善点も言ってもらえてよかった。アイスブレークもおもしろかった。 仕事でグループ(デイケア)をやっているので、生かしていきたい。
  • 参考になったのと、自分自身の心理臨床の対応をbrush upできてよかったです。  セルフトークは、家に帰った後も考えて、Time will tell と<自分は怒りよりも大きな存在>という言葉が思い浮かびました。学びが自分の心に良い種子となっていることを感じています、ありがとうございます。  職業領域がPDDのため、次回は生徒に対して<動機付け>と<現実場面で実践する方法>を学べたらと思います。温かい雰囲気の研修ありがとうございました。
  • 他の参加者の方とも仲良くなることができ、2日間とても充実した時間をすごすことができました。
  • 実際に職場でSSTをデイケアで行っているのですが、自分がロールプレイなど実際にやることで、その難しさや効果を実感することができ、貴重な体験となりました。  復習をし、今後に自分自身のためにも患者のためにも、活かしていこうと思います。ありがとうございました。
  • 自分の考え方のクセに気が付けてよかった。様々な意見や考え方に触れられてよい刺激になった。
  • 自分の怒りのパターンについて理解する事が出来ました。
  • やっと知人にアンガーマネジメントを伝えられます。 2日間ありがとうございました。
  • 学校という現場では、多くの事を先生方に伝えていくのは難しいですが、少しずつつみ重ねて伝えていけるようにしたいと思いました。
  • とても充実した2日間でした。たくさん話したのと共感してもらったのか、とてもスッキリしています。自分の怒りのくせや考え方を認めつつ、アサーションを使って、もっといい人間関係、看護をしていきたい。また、アンガーマネジメントをもっと知りたいと思った。2日間ありがとうございました。参加して、とてもよかったです。

| 参加者の感想TOPへ | トップページへ |